初めての車の修理はどこに出す?タイプ別修理工場の選び方

select_company

豊田市の車修理工場のビックハートの内藤です。

「ちょっとぶつけてしまった!」「こすっちゃった」など大切な車を傷つけてしまった時、そもそもどこで車の修理をしてくれるのか?もわかりませんよね。

今回は初めての車修理でも安心して綺麗に、そしてなるべく安く直すために知っておきたい、基本的な車の修理工場の選び方についてまとめてみました。

 

まず始めに「車の修理」をするために知っておきたい用語

まず初めて車を修理する時に、知っておいておくと良い言葉として、「鈑金塗装」という言葉があります。

馴染みのない言葉かもしれませんが、実は車をぶつけてしまって傷をつけてしまったり、バンパーがへこんでしまった場合、「鈑金塗装」という修理をすることによって車を直すことが殆どです。

もちろん、エンジンや車に積んでいるバッテリーの調子が悪くなった場合などは、「鈑金塗装」という修理はしないのですが、一般的に、「ぶつけてしまった」「こすってしまった」など事故に遭われた時には鈑金塗装工場で車の修理を行っていることが多いのです。

そこで、車の修理をする場合は「鈑金塗装 安い」「鈑金塗装 早い」(※「板」金塗装でも大丈夫です。)などというキーワードを使って調べてみると、あなたが知りたい修理工場を見つけることができるかもしれません。

では次に、「鈑金塗装」って何?という疑問があると思いますので、解説をしていきます。

 

「鈑金塗装」とは何なのか?何をするのか?

「鈑金塗装」の「鈑金」から説明していきます。

「鈑金」とは外部からの接触によるダメージで凹み、本来の形から変形してしまった部品の形状を元の近い状態に戻す作業のことを指します。

凹んだ箇所や歪みを生じた部分をハンマーや、特殊工具を用いたりして修復致します。

こすり傷、凹み部分の塗装を剥がし、元の形に戻す「鈑金」工程

少し「鈑金」という言葉を聞いたことがあれば、「鈑金」はハンマーのみで元に戻し、塗装しているのでは?と勘違いされている方も多くいらっしゃいます。

厳密に言えば、一度変形した物は二度と元には戻りません。

確かに鈑金工程で原型に近い状態までは戻すことができますが、凹み箇所のみ素材が伸びてしまっているため、ただ戻すだけでは飛び出てしまうのです。

ではどうするか?

実際には全体に少し凹ました状態までで鈑金は止めておきます。

その後、微調整をするためにパテと呼ばれる粘土のような物で形状を整え、原型により近くするやり方が一般的です。中には溶接機を使用したり、盛り半田を使用する例もあります。

部品その物を新品に交換する際や形状修正は必要なくても、塗装をするために部品を脱着する行為も板金の一貫と位置づける見方もあり、車の外装修理にかかる塗装工程以外のことをおおまかに「鈑金」と呼ぶ傾向があります。

塗装とは何か?

「塗装」はその名の通り、修復した部分を元のボディーカラーに塗装する工程を指します。

「塗装工程」の前後

「鈑金塗装」の「塗装」の工程は、「鈑金」により形状を修復された後、最終的な仕上げ工程に入ります。

「塗装」では修復された部分の表面を更に磨き上げ、下塗り・本塗り・クリアの3工程に分けて塗装を行います。

お客様の車のボディーカラーに応じて塗料を調合するのもペインターの腕の見せどころです。

自動車メーカー純正のボディーカラーは、塗料メーカーから指定された赤・黒・白・青・黄色等の色の基本となる塗料をそれぞれ「どの割合で混ぜればよいか」という資料に基づき簡単に作る事はできます。

しかし、実際には、このようなマニュアル通りの色の調合はかなり大雑把で、部分的に塗装を行う場合は、隣接するパーツの外装色と同じにはなりません。

 

車はそれぞれ太陽の紫外線による日焼けなどの経年劣化や製造された年式によっても色が変わってきます。

日常的に使用されている車の色はそれぞれ違うのです。

こうしたお客様の車の経年劣化などの具合なども考慮した現在の色に合わせて塗料を調合します。

かなり経験を積んだペインターですと、メーカーからの色の調合具合の資料は一切見ないで、経験に応じて現車を見ながら色を調合していきます。

修復する部分がひとつのパネルや、パーツの一部分だけの場合は、厳密には全く同じ色には調合することは不可能なため、色のつなぎ目が目立たなくなるようにボカシと呼ばれる塗装工程を挟み、つなぎ目を目立たなくさせる作業を行います。

そして最後に、仕上げのクリアを塗装し塗装工程は完了です。

 

塗装工程が終われば最後に磨き作業を行います。

磨き作業もけして簡単なものではなく、塗装作業時に付いた小さなブツ・ホコリ等を除去し、隣接する部品などの、塗装肌に合わせ磨き過ぎず、かつキレイに肌を合わせて行きます。

ここまでが、大まかな鈑金塗装工程の流れです。

 

では、どんな店があるのか?どんな違いがあるのか?

修理を頼む場合としては、大きく分けて3つに分けられます。

1.自動車ディーラー・中古車販売店・整備工場

2.個人修理工場

3.フランチャイズ店・チェーン店(ガソリンスタンド等)

まずは、それぞれのメリットを上げて行こうと思います。

 

メリット

1.自動車ディーラー・中古車販売店・整備工場

自動車ディーラー店などは、お店の規模が大きくキレイ、清潔感があり、入りやすい、代車がキレイ、新品部品など、正規品を使ってくれる、大手なので安心感がある。

2.個人修理工場

地域密着型なので親切、代車費用・見積もりを無料でやってくれる店が多い、中間マージンがないため低価格で済む、リサイクル部品・持込が可能なため、予算に合わせた修理ができる。

3.フランチャイズ店・チェーン店

フランチャイズ店・チェーン店は、価格が安い、入りやすい、ガソリン入れたついでなどに気軽に聞ける、あまり時間が掛からない、大手なので安心感がある、見積もり無料でやってくれる。

 

デメリット

1.自動車ディーラー・中古車販売店・整備工場

とにかく料金が高い、代車はレンタカーのため別途必要、個人店に外注している事が多いため、どこの工場に出されるかわからない。納期までの時間が長い。

2.個人修理工場

店舗が汚い、店ごとに仕上がりに差がある、代車が汚い、個人店のため不安がある。
お店に入りにくい。

3.フランチャイズ店・チェーン店(ガソリンスタンド等)

代車費用が掛かる、ベテランがいないため不安、あまりキレイに治らない、設備が整ってない、損傷状態により断られることがある、部品脱着や交換等できない。

それぞれのメリット・デメリットを挙げてみました。
各お店によって向き不向きが少なからずありますので、解説していきたいと思います。

 

車修理のお店ごとの特徴

自動車ディーラー・中古車販売店

自動車ディーラー・中古車販売店は大手のため、確かに料金はダントツで高いといえます。

ですが、スタッフの多さ、サービスの良さ、店舗の大きさ、人件費、施設代、光熱費などをみれば、どうしても料金に上乗せせざるを得ないのではないでしょうか。そのためディーラー様などでは、修理費用の30%ほどの料金を会社の売上としているようです。

でもそれと引き換えに、メーカーとしての安心感や信頼感、仕上がりの良さを売っているのです。

お客様がもし仕上がりも大事、でも料金が高くても、ブランドとしての安心感が欲しいということでしたら、迷うことなくディーラー店にご依頼されるべきでしょう。

 

個人修理工場

個人修理工場は俗に言う町工場です。

そのため、外観・店舗はキレイな所はあまり多くはないでしょう。

しかし、ディーラー様の仕事を請け負っている工場も多く、長年やってきたベテランさんも在籍しているため、腕や経験、知識ではトップクラスではないでしょうか?

他にも価格面では、相談に乗ってくれる店も多く、ディーラー店では断られてしまうような鈑金修理や、リサイクル部品、社外品などにも対応してくれるかもしれません、

ただ、デメリットでもあるように、仕上がりの差があるのも事実です。

そのため、個人店に依頼する場合は、しっかりと見極めなければいけません。

せめて塗装ブースがあるか、しっかりと話しを聞いてくれるのか、疑問や、質問に答えてくれるかなど、整備工場なのに、看板を揚げているだけで、ブースも何もない店も多いので、気をつけなければなりません。

しかし、信頼できる町工場を見つけられれば、安くてもディーラー店に出すのと変わらない、もしくはそれ以上の仕上がりで帰ってくるかもしれません。

 

フランチャイズ店・チェーン店(ガソリンスタンド等)

チェーン店やガソリンスタンドなどでやっている修理は、価格面では安く、スピードも早いです。

気軽に入りやすいのは、ディーラー店以上といえるのではないでしょうか。

しかし、ディーラー店や個人修理工場などと比べると、専門店ではないため、部品交換もできず、小さな凹みやキズ修理しか頼めません。

それに技術面で、どうしても大きな差が出てしまいます。

社員の方が、数週間・数ヶ月の研修の後、いきなりお客様の車を治すのですから、差が出てしまうのもしょうがないのですが・・・。

チェーン店などで修理した物の再補修依頼が多かったりもしますので、パッと見治ってればいい、本当に気にしない方向けとしては良いと思います。

ここまでは、修理工場の種類や、メリット・デメリットなどを紹介させて頂きました。

 

では、どうやって自分に合った修理工場を探していけば良いのか?

一番目に、お客様が何を求めるか?です

一人一人、値段、お付合い、仕上がり、速さなどいろいろあると思います。

その中で、ある程度の優先順位を作ると自ずと自分が求めている修理工場が見えて来ます。

例えば、

「部品代、料金は安い方が良い」

「中古車で購入したし、そこそこキレイ治れば良い」

など、3・4つほど挙げて見ましょう。

上記の場合、1番に、料金が挙げられていますので、ディーラー店など、外注されている店舗は除外できます。

ですので、個人修理工場もしくは、フランチャイズ店・チェーン店に絞られます。

部品の交換せねばならない場合は、フランチャイズ店・チェーン店は除外できますので、個人修理工場にお願いするのが良いと言えます。

逆に部品交換しないで済みそうな場合は、個人修理工場やフランチャイズ店・チェーン店、両方とも当てはまるので、時間があれば2つともに見積もりをしてもらい、見比べて決めるのが良いでしょう。

 

個人修理工場の良し悪しの見分け方、選び方

個人修理工場に頼みたいが、どこを見て決めたら良いのか?なかなか難しいことですよね?

工場自体のキレイ、汚いだけでは腕の良さや料金は判断できませんし、個人修理工場と言っても、店によって、力を入れてることが違ったり、できること、できないことはあります。

例えば、軽板金専門の店から、大破事故~軽板金までできる店など、幅があります。

まずは、インターネットや、クチコミ、などあなたが住んでいるエリアにどれ位の修理工場があるのか調べてみましょう。

ホームページがある店は、お客様の目的にあった修理ができるか?

例えば、修理事例、ブログなどや塗装ブース等の設備があるのか?などできる限り多くの情報を集めてみることです。

その中で、あまりにも他の修理工場様等を批判されているようなところは、個人的に、あまりオススメはできません。

というのも、そういう店の方は頭の固い方が多く、お客様の要望を否定したり、自分の意見を押し通したがることが多く、仕上がりは良くても、料金や、他の所でモヤモヤが残ってしまい、結果、満足いかないまま終わってしまうことがあります。

 

修理というのは物を買うのではなく、その人を買うことです。

お客様の大事なクルマを任せられる、この人ならきっと大丈夫と思える人を探すことが一番の近道です。

ですので、いろんなお店の情報を収集し、その中からいくつか店を絞り込み、直接電話や来店して、お店の方と一度話してみることが良いでしょう。

その時にしっかりと疑問、質問に答えてくれるのか?こちらの要望に対応してくれるか?

せっかくの個人修理工場ですので、どんな人が直してくれるのか?フロントマンだけではなく、作業担当者と仲良く慣れたなら、仕上がりも変わってくるかもしれません。

キズや凹みを付けてしまったのも人ならば、修理するのも人です。

依頼する方も、修理する方もお互いに気持ちよく接するようにしていきたいですね。

せっかくですので、心から信頼できる修理工場様を見つけて下さい。

何も焦ることはありません、一生モノの修理工場を見つけるためなのですから。

 

車キズ・ヘコミ、全損扱いの大破修理まで、創業40年の町工場があなたの大切な車を修理いたします。


豊田市の板金塗装工場 ビックハートに修理を依頼されたい場合は、こちらから申し込みください。 また無料見積もり、相談も受け付けております。気軽にお申し付けください。