愛知県名古屋市 ジープ レネゲード 事故修理・鈑金塗装事例

jeepRenegade_top

 

豊田市の車の板金塗装工場ビックハートの内藤です。

今回は愛知県名古屋市からジープ レネゲードの事故修理・鈑金塗装として納車いただきました。

 

ジープ レネゲード

ジープといえば丸いヘッドライトが特徴的な印象が強いのではないでしょうか?(*^_^*)

コンパスなど現行モデルは丸目のヘッドライトではないモデルも多いですが、

レネゲードやラングラーなど丸目を残したジープっぽさが好きな人にはたまらないのでは?(*^^)v

レネゲードは今風な装備も充実ですしジープっぽさとラングラー風の融合といった感じでカッコいいです(>_<)

 

損傷箇所の紹介

損傷状態

損傷状態

 

 

追突事故で、フロント回りの損傷です。

バンパー付いた状態を取り忘れました(>_<)

 

バンパーホースメントと呼ばれるフレーム先端のバーが入り込み、

ボンネットまで届いていました。

ホースメント

ホースメント

 

アルミのシルバーの部分がホースメントです。

ブロック状の黒い物はエネルギーアブソーバといわれるいわゆるクッション材ですが、

これは人とぶつかった時に衝撃を和らげる部品です。

普通車にはほとんどの車に装着されています。

 

幸いにもコンデンサーやインタークーラーなどには大きな損傷はみられず、外装がメインの修理となります。

 

ホースメント

ホースメント

このホースメントが損傷しているとき、

気を付けなければならないのは、レーダーが取り付けられている場合があるところです。

レネゲードはレーダークルーズコントロールの機器をホースメントに付けています。

BMWも確かこの辺りです。

 

レーダー

レーダー

 

これがレーダー本体です。(;^ω^)

ホースメントからステーが出ていて、そこに固定されているのですが、留め具が破損して

バンパーを外すときに「ポロっ」と落ちてきました(;^ω^)

 

部品本体自体は診断機でチェックしましたが、問題なく

使用可能だったので大丈夫でしたが、ちょっとヒヤッとします・・・

 

ホースメント

ホースメント

ホースメントの溶接部が割れており、ここまで曲がりがひどいものは取替が必要です。

 

ボンネットの状態

ボンネットの状態

 

正面から押されてパット見そんな大したことないかな?と思ったのですが、

ガッツリつぶれていました( 一一)

 

ボンネットの形状的に元々先端は突き出てないのと、

あまりにも平均的な潰れ方をしていたので、

フレーム関係の修正後の部品仮付け時に初めて気付くレベルでした。( ;∀;)

 

ボンネットの状態

ボンネットの状態

本来ならボンネットはアルミなので、取替が望ましいのですが、

鈑金での修理をしました(*^_^*)

 

塗装範囲はボンネットとバンパーくらいでしたが、

ジープなどはリサイクル部品もなかなかなく費用を抑えていくのも難しいですね・・・

 

それでも修理や鈑金できるものは結構多いので、ぜひご相談下さいね(*^_^*)

 

修理後

修理後

せっかくキレイに治ったのにこの日はあいにくの雨です・・・( 一一)

明るい時にまた仕上がり見て下さいね(*^_^*)

 

安全運転でドライブ楽しんで下さい(^^)/

 

今回の修理対応金額

今回、対応させていただいたお客様の修理金額を紹介しておきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

今回の修理金額 ¥480,000
ディーラー・保険修理参考金額 ¥1,227,000
お預り日数  20日

         

車キズ・ヘコミ、全損扱いの大破修理まで、創業40年の町工場があなたの大切な車を修理いたします。


豊田市の板金塗装工場 ビックハートに修理を依頼されたい場合は、こちらから申し込みください。 また無料見積もり、相談も受け付けております。気軽にお申し付けください。