愛知県豊田市 トヨタ ヴェルファイア GGH20 すれ違い事故 キズヘコミ修理事例

vellfire_top

豊田市の車修理工場ビックハートの内藤です。

今回は、豊田市からキズ・凹みの鈑金塗装修理で入庫頂きました。

メーカー  トヨタ
車種    ヴェルファイア  GGH20

 

高級ミニバンのヴェルファイア(*^^*)

フォルムもカッコイイですが、内装も広くソファの様なシートも魅力的です。

このヴェルファイアはキャプテンシートで二列目のシートが2脚で広々使えて快適ですよねぇ^^

私はもっぱら運転派なのでその恩恵は受けれませんが:笑

では、早速、今回の事例を紹介していきます。

 

損傷箇所の紹介

損傷状態

損傷状態

・スライドドア          キズ・凹み

・スライドドアモール       キズ・凹み

・クォータパネル         キズ・凹み

・リアバンパー          キズ・エグレ

・リアバンパーコーナーパネル   キズ・エグレ

 

修理内容

今回の損傷はすれ違いの際、コンクリートの壁に擦ってしまい損傷されたようで、全体的キズや凹み等がついてしまっていました。

保険修理という事で本来は交換で修理するところですが、鈑金で修理をさせて頂きました。

もちろん理由はちゃんとありますがそれは追々。

損傷状態

損傷状態

今回の損傷部以外にも小さなキズや凹みが多数ありついでに補修致します。

最近の車には多いのですが、ドアパネルにモールが付いているタイプが多く、取り付けたままの塗装では、つなぎ目が出てしまいみっともないので、ドア下に付いているモール関係はすべて取り外します。

小さなことかもしれませんが、後にドアモールのみ交換で済む修理にも対応しやすくなりますし、仕上がりもキレイですので、弊社では基本的に脱着するようにしています。

弊社では脱着をしない修理をオススメすることが多いですが、

全部脱着しなくてもいい訳ではありません。

部位によっては下取りの値段にも影響しますし、見栄えが悪くなることが予想される部位に関しては脱着をオススメすることの方が多いです。

その辺りもお客様としっかりとしたご相談の上修理致しますので、

クオリティを確保しつつ低価格な修理を提供する事ができているのではと思います。

修理完了後

修理完了後

鈑金補修で修理しても殆どの歪みや凹みは無くすことができます。

新品と比べてしまえば確かに劣りますが、なかなか損傷部をじっくり見る通行人もまずいませんので(*^^*)

お客様自身が納得できるのであれば、鈑金での修理はとてもオススメです。

もう一つのメリットとしてはリアクォーターなど、ドアとは違い、ボルトやクリップなどで取り外せない箇所の取替の場合、修復歴になるケースもありますが、

鈑金であれば、そういった部分にも影響しないので車の為や後々のことを思えば、交換はできるだけ避けた方が良いのではないでしょうか?

ディーラーで修理する場合はディーラーに修理方法を任せっぱなしになっているケースも多く気づかぬ間に修復歴になっていたケースもよく耳にします。

そういった部分も含め、見積段階でちゃんと修理方法を確認するのが良いかと思います。

修理完了後

修理完了後

写真だけで判断するのもなかなか難しいとは思いますが、お客様にもしっかりお見せしましたが、大変満足して頂けました。

 

保険修理なのに、なぜ鈑金なのか?

最初にも少し触れましたが、保険修理なのになぜ鈑金なのか、という部分にお答えしていきます。

今回の修理の場合、お客様自身は鈑金でも問題なく、特に取替を望んでおられませんでしたので、保険の見積の段階では、スライドドアは取替で後は鈑金にする「予定」として見積を保険会社さんに送りました。

いろいろと交渉の仕方は御座いますが、保険会社さん的にも、クォータ部分の交換となると金額が高額になることをわかっていますので、クォータを鈑金して頂けるならということで、先行協定となり、先に修理金額を決定致しました。

弊社のノウハウをあまり公の場に晒す訳にもいきませんので、かなり簡単な説明とさせて頂きますが、

こうした協定の場合、法に触れることなくお客様に交換工賃、スライドドア費用など実際に使わなかった修理費用をお返しすることができます。

この方法をグレーだとか詐欺とか言う方もいらっしゃいますが、

法的にも人道的にも理にかなっていると私自身は思います。

もちろん、それを自分のものにするのは詐欺ですが、お客様自身が支払いしている保険金ですので、余った分は返金して当然のことだと思います。

保険会社さん自身も、保険金の返還は企業努力として認めていますし、協定というのはその為でもあるのです。

その分、協定をしたのであれば、何かあっても追加費用は出ませんし、保険会社さんは「責任を負った。」と法律上認められてしまいます。

 

こういった方法の場合、法律の兼ね合いもあるので簡単なことではないですが、保険料の増加分もしくは免責金額分をなくせることもあり、弊社にご相談下さる方も多いです。

デメリットは保険会社さんとの交渉や、修理方法などによってお時間が掛かることくらいでしょうか。

そこはメリットの方がかなり大きいのでその辺りあまり気になさる方は今の所いませんが、、

 

今回は上記の様なこともあり保険修理なのに鈑金で修理させて頂いたのです。

皆さんもホントに困ったらビックハートに一度ご相談してみて下さいね。

 

今回の修理対応金額とディーラー参考価格

今回、対応させていただいたお客様の修理金額・お預かり期間と、
ディーラー・保険修理を依頼された場合の参考価格(相場)を紹介しておきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

今回の修理金額 ¥230,000

ディーラー・保険修理
参考金額

¥490,000
車両お預かり期間  14日

 

車キズ・ヘコミ、全損扱いの大破修理まで、創業40年の町工場があなたの大切な車を修理いたします。


豊田市の板金塗装工場 ビックハートに修理を依頼されたい場合は、こちらから申し込みください。 また無料見積もり、相談も受け付けております。気軽にお申し付けください。