車のフロントガラス交換に掛かる費用とは?交換方法とその費用を解説します。

豊田市の車修理工場ビックハートの内藤です。

気づいたら車のフロントガラスにヒビが入っていた!なんてことはありませんか?

高速道路を走行中や一般道路を走行中に飛び石などでガラスにキズが付いてしまう、ヒビが入ってしまう、ということはあります。

 

「車のガラス修理に出したいなぁ」と思っても、修理費用がどれくらいかかるか知ってますか?

 

実はガラスの修理と言ってもリペアから交換まで選択肢が幾つかあって、それによって修理費用も変わってきます。

そこで今回、ガラスの修理方法から費用に関してまで、なかなか聞けないガラス修理のあれこれをメリット・デメリットを交えながら、解説していきます。

 

 

自動車で使われているガラスの種類は2つある。

自動車に使用されているガラスには大きく分けて2種類あります。

 

1.フロントガラス

フロントガラス

フロントガラス

フロントガラスには合わせガラスという種類のガラスを使用されております。

一般な建物のガラス(フロート板ガラス)等と違い割れてしまっても飛散しないように作られています。

メーカーにもよりますが、大破したガラスでも2%程度の飛散率と言われておりドライバーの安全面にも配慮されています。

合わせガラスというのは、その名の通りガラスの板が何層にもなっており、1枚1枚樹脂で接着して一体化しているのです。

ですので、大きな損傷を伴っても粉々にならず、ドライバーの身に危険を及ばない、人身事故が起きた場合でもクッションになるような役割もあるのです。

 

2.リアガラスやサイドガラス

リアガラス

リアガラス

リア・サイドガラスについては、強化ガラスを用いられており強化ガラスは衝撃抵抗が、一般的なガラスの3~5倍もあり安全面に配慮されて作られています。

しかし合わせガラス程の柔軟性はないため、一度割れてしまうと粉々になってしまいます。

 

他にも付加価値としてUVカットの付いた製品や、プライバシーガラス(スモークガラス)

サンシェード付き、熱線ガラス(くもり取り機能付き)などガラス1つとってもかなりのラインナップがあります。

 

自動車のガラス修理方法

ガラスというものは、基本的に修理不可なモノであり一度キズや欠け、ヒビなどが入ってしまうと交換しない限りキレイにはなりません。

しかしフロントガラスの場合走行中に飛び石が付いてしまうこともよくあり

極僅かなキズ、ヒビ、欠けなどの場合はガラスリペアという方法があります。

ガラスリペアとは透明な樹脂(レジン)等を用いて補修する方法でヒビやキズが広がらないようにキズを埋め補修する修理方法です。

ガラス交換と違いあくまでも補修であるため、補修アトが残ってしまうといったデメリットもありますが、高額なガラス交換に比べると比較的値段的にも安く、修理期間も即日修理できる事もあるため、パット見目立たなく修理できれば、といった方にはとても良い修理方法ではないでしょうか。

修理金額としては、お店の価格設定や大きさにもよりますが、10000~25000円程度が相場となっています。

修理可能範囲の目安としては500円玉に収まる範囲とか3センチ程度等と言われています。

 

ガラス交換の3つの方法

ガラス交換では、大きく3つの選択肢があります。

1.純正品の新品での交換

2.純正品のリサイクル品での交換

3.社外品の新品での交換

 

1.純正品の新品での交換

これについてはメーカーから受注されて製造されている製品なので

クオリティに関してはピカイチです。

デメリットはやはり金額面ですが、社外品のガラスの値段と比べると3倍・4倍の金額になりかなりの負担になってしまう事がネックとなってしまいます。

ですので、「フロントガラス交換はかなり高い」とゆうイメージが根付いてしまっているのは、純正品が高額であるからといえるかもしれません。

 

2.純正品のリサイクル品での交換

純正品であるためクオリティは問題ないですが、リサイクル品ですので、使用歴があり、大きな破損はなくても、小さな飛び石、水垢等が付着している場合があります。

ですので、美品というのはなかなか難しいかもしれません。

ですが、金額としては純正品の半額以下で購入できることも多く社外品の新品と同じような金額であるため社外品に少し抵抗のある方は選択肢としては良いかもしれません。

 

3.社外品の新品での交換

社外品というのは粗悪品もあるため、注意が必要です。

クオリティも純正品には少し劣ります。その点が気になる方は純正品の方が良いでしょう

とはいえ、車検対応品や国内規格の通ったしっかりとした製品もあるのでそういったものを取り扱っているお店に行けば使用には問題ないのではないでしょう。

金額的にも純正品の3分の1もしくは4分の1以下で購入できるので、安くても新品の視界性を求めたい方にはオススメです。

 

次に実際にガラス交換で掛かる費用の比較をして行きたいと思います。

 

ガラス交換の修理費用の比較

今回はわかりやすいように、具体的な車種を例に挙げて、比較してみました。

車種 トヨタ プリウス

フロントガラス交換

純正品 新品での交換の場合

ガラス本体価格(新品) ¥157,000
アウトサイドモールディング ¥1,900
アドへシブダム  ¥470
ガラスストッパNo2  ¥110
ガラスストッパNo1 ¥120
ガラス接着剤 ¥5,000
ガラス取替工賃 ¥22,600


工賃・部品総費用           ¥187,200
 消費税込み費用           ¥202,176

※モール類・ストッパー等は再使用不可の物ですので、ガラス交換の場合、必ず交換が必要な物です。

 

純正品 リサイクルでの交換の場合

ガラス本体価格(リサイクル品) ¥38,000
アウトサイドモールディング ¥1,900
アドへシブダム ¥470
ガラスストッパNo2 ¥110
ガラスストッパNo1 ¥120
ガラス接着剤 ¥5,000
ガラス取替工賃 ¥22,600


工賃・部品総費用            ¥68,200
 消費税込み費用            ¥73,656

※モール類・ストッパー等は再使用不可の物ですので、ガラス交換の場合、必ず交換が必要な物です。

 

社外品 新品での交換の場合

ガラス本体価格(新品) ¥27,000
アウトサイドモールディング ¥1,900
アドへシブダム ¥470
ガラスストッパNo2 ¥110
ガラスストッパNo1 ¥120
ガラス接着剤 ¥5,000
ガラス取替工賃 ¥22,600


工賃・部品総費用            ¥57,200
 消費税込み費用            ¥61,776

※モール類・ストッパー等は再使用不可の物ですので、ガラス交換の場合、必ず交換が必要な物です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、ガラスの交換費用について解説してみました。

純正品のガラスでは、交換は高く悩んでいた方もおられるかと思いますが、今は社外品などの選択肢も増え、少しずつ車の維持や管理も安く抑えることが可能になって来ました。

社外品や輸入品は注意が必要な面もありますが、しっかりとした修理工場、お店に行けば、決して悪い選択ではないと思います。

社外品はディーラーでは扱っておらずなかなか知っている方も少ないため情報があまりないので皆さんの目や耳に触れる事がありません・・・

でもこの記事を読んで少しでも安く、気軽に交換のできるものであると認識して頂ければ幸いです。

中にはまだ社外品のないものも多数ありますが、順次増えて行くと思いますので、車両保険を使う前に、純正品で交換する前に一度調べてみてはいかがでしょうか?

車キズ・ヘコミ、全損扱いの大破修理まで、創業40年の町工場があなたの大切な車を修理いたします。


豊田市の板金塗装工場 ビックハートに修理を依頼されたい場合は、こちらから申し込みください。 また無料見積もり、相談も受け付けております。気軽にお申し付けください。